ママンパルクの取材メモ

周りに頼りながら頑張りすぎず子育てをしてほしい

投稿日2016年02月09日

インタビュー第1回:まるる保育園 西園長

保育園を開園したきっかけと乳児保育において大切な事

 


まるる保育園 西園長

まるる保育園 西園長

―保育園を開園されたきっかけを教えて下さい

 

外資系の会社で働いていましたが、40歳近くになった時にある本に出会い、あと人生半分自分自身でどんな生き方をしたいのか改めて考えました。家族もいましたしやはり迷いもありましたが、まずはチャイルドマインダーの資格を取得し、自分と同様元々エンジニアをされていて保育園を開園をされている方の話を聞く機会を頂き決断に至りました。

 

―実際に園を開設されていかがですか

 

園を開設する時には場所を探すのにも苦労しましたが、やはり何よりも子どもたちは可愛いですね。収入面では不安定な面もありますがやりがいはあります。また、やはり保育士不足もあり人材を確保するのにも苦労しました。どうしても親子さんからお金を頂くのには限界があるので保育士の収入面では国の支援も必要であると思います。

日本はやはり保育園だけではなく小中学校を含め、諸外国と比較して教育面での支援が不十分ではないかと考えます。やはり人格形成には教育が一番大事ですので、もう少し制度も見直す必要があると思います。

 

 

DSC00488

 

―仕事などの目的以外で一時保育を利用される事に否定的な意見もありますが、そのあたりはどのように考えられますか?

そうですね。そのように考えられている方は実際に少なくないと思います。私も昔実際サラリーマンをしていましたが、男性の方も実際に体験してみることが一番だと思います。

0~3歳くらいの年代の子供と一日中母親なしで一緒にいればよくわかると思いますが、子育てをするというのは本当に大変です。ひと時も気を抜けないですし、更に兄弟2人以上となると尚更です。サラリーマンで働いている方がよっぽど楽です。

日本人はとても真面目で、真面目な方ほどどうしても自分で抱え込んでしまって、一息つくことを忘れてしまっています。子どももお母さんやお父さんの変化には敏感で母親が心に余裕があって輝いていると子供も嬉しいものです。もう少し気軽に人に頼ることを受け入れる社会であれば良いと思います。保育園だけでなく、色々な子育て支援施設もありますので、もっと周りを巻き込んで頼って欲しいと思います。

 

―まるる保育園の特色はどういったことですか?

 

一番の特徴は少人数で一人一人に目が行き届く保育というのを大事にしているところだと思います。子供は一人一人個性があるものです。それをできるだけ否定しないでその子にあった保育や声かけを実践しています。大きな保育園だとどうしても人数が多いので、ある程度やる事を導く必要があると思いますが、私たちの保育園では保育士が主体となる保育ではなく子ども自身の発見や気づきを大切にしています。例えば、公園に外遊びに出掛ける時も遊びのヒントになるきっかけ作りだけを保育士は考えそれを使って子供たちが主体的に遊びを作り出すのを見守るようにしています。

 

できるだけ自然に触れてもらう事もとても大切に考えています

できるだけ自然に触れてもらう事もとても大切に考えています

 

―0~3歳くらいの子供の子育てにおいて一番大事なこととは?

 

一番大事なのは自己肯定感を育む事だと思います。自分は愛されているんだ、大事な存在なんだということを子供に感じてもらう事が大事です。日本人は国民性として高校生、大学生を中心に大人になってもこの自己肯定感が不足しているといわれますが、自己肯定感を育てるのに一番大事なのがこの時期です。この時期、躾はあまり考えず、スキンシップを中心にただ愛しているという事を全身全霊で伝えてほしいなと思っています。しかってはいけないという事ではなく、叱っても愛されているという認識をもってもらうような声かけの工夫も大切です。自分が愛されているという実感を持つことで子供は色々な事に興味をもち、自ら表現するようになります。例えば外にでかける準備をする時に「はやくしなさい」というのは簡単ですが、それを「早く準備できたら沢山遊べるよ」などと言い換えてあげることで子供はプラスにとらえることができます。否定する方向で話をするとなかなか子供の頭に入りにくいのです。

 

―最後に子育てに奮闘しているお母さんやお父さんにメッセージをお願いします

 

繰り返しになりますが、あまりストレスをため込まず地域の子育て支援施設や一時保育などもうまく利用しながら子育てを楽しんでほしいです。お母さんの笑顔が子供にとっては一番うれしいものです。頑張りすぎず、少し手を抜く程度でも構わないので、周りにも相談しながら子育てに取り組んでいきましょう。

 


 

季節ごとに保護者もここに来るのが嬉しいと思ってもらえるよう、ディスプレイにも心を込めています

季節ごとに保護者もここに来るのが嬉しいと思ってもらえるよう、ディスプレイにも心を込めています

 

まるる保育園 月極/一時保育・英語教育

〒112-0012

東京都文京区大塚3-43-3 小石川ハイツ星座1F

TEL:03-6902-0155

HP:http://www.maruru.jp/

開園時間:朝7:30~夜7:00

月~金(土日祝日・お盆・年末年始はお休み)

対象年齢:首のすわった乳児~6歳まで

  • 参考になった (4)
インタビュー

コメントを残す

掲載情報についての注意事項

当サイトに掲載されている情報については正確な情報を提供できるよう努めておりますが、正確性を完全に保証するものではありません。掲載情報の誤りや変更によっての損害は補償致しかねますので、入園をご検討の際は直接園にお問い合せ頂くなどしてご確認をお願い致します。
また、当サイトの掲載情報について誤りを発見された場合にはお手数ですがお問い合せフォームより情報をご提供下さいますようご協力お願い致します。